PAGE TOP

お辞儀再考

投稿日 :
2017-02-02 21:20:36
カテゴリ :
未分類
WRITER :
スタッフ

 

接客するのに欠かせないお辞儀ですが、なんとなく頭を下げて終わってしまう…と言う非意図も多いと思います。

 

「京都コンパニ求人.com」では、今日はお辞儀について考えてみたいと思います。

 

 

 

そもそもお辞儀というものは、自分が相手に対して無抵抗であることを示す動作だと言われています。

 

インドや東南アジアで行われている、腕の前で手の平を合わせてお願いするような姿勢で頭を下げているお辞儀が伝えられ、今に至っているようです。

 

 

 

「京都コンパニ求人.comでも、お客様にお越しいただいた感謝の気持ちをお辞儀でお伝えしているつもりですが、お辞儀の時の手の組み方で意味合いが変わるので、そのことについて触れてみたいと思います。

 

 

 

まず、挨拶の時に後ろで手を組むというのは論外です。

 

後ろに手をやることで相手に隠し事をしているように見えたり、ふんぞりかえって偉そうに見えるので感謝の気持ちや謝罪の意が伝わらないどころか、相手を嫌な気持ちにさせてしまう可能性さえあります。

 

お客様をおもてなしをする際にそのような、横柄な態度を厳禁です。ですから接客業では、お辞儀にかかわらず、手を後ろで組むような事はしてはいけません。

 

 

 

それでは、次に右手を上にした場合ですが、利き手の右手を上にすることで、

 

「私はいつでもすぐにあなたのお役に立てるよう準備しています」

 

という意味を込めることができます。

 

右手を上にした場合、目の前のお客様に何か突発的なことが起きたらすぐに右手で対応することができます。

 

 

 

お客様に商品が倒れるの等の不測の事態、お客様の希望の商品をすぐ手にする、場所を案内したり商品を指し示したりする時に、利き手が上だからこそスムーズに対応ができます。

 

 

 

という事は、利き手である右手を下にして、左手を上にする場合というのは、すぐに手が出ない事、利き手を覆うことで、相手に対する敵対心を捨てて忠誠を尽くすという意味合いが込められます。

 

「私の右手は、あなたを攻撃することはありません」

 

そんな気持ちがあらわされているのです。

 

 

 

また、西洋から来たサービスマナーに左手を上にするというのがあります。

 

利き手は良く利用する為、利き手じゃない方の手よりも見た目が綺麗でない可能性が大きくなってしまいます。その汚れを隠す意味もあります。

 

 

 

感謝の気持ちや、尊敬の意を表す時にするお辞儀ですから、丁寧に心を込めて行いたいですね。

 

あなたの魅力がアップする「京都コンパニ求人.com」で、素敵なお辞儀をマスターしてみませんか?

 

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        友達に共有
        PAGE TOP ▲