PAGE TOP

お酒を飲むために。

投稿日 :
2017-01-20 23:57:13
カテゴリ :
未分類
WRITER :
管理者

 

コンパニオンのお仕事と言えばお酌でしょうか。

 

 

 

スマートなお酌ができると、社会人としてのマナーに自信がつきますね。

 

 

 

コンパニオンと言えば、お客様に会話とお酒を楽しんでいただくためのお仕事と言えるかもしれません。

 

お客様に楽しい時間を過ごして頂くためにお酌について少しお話したいと思います。

 

 

 

一般的なマナーをお伝えしますが、お店によりルールがあるので、お店に入る時はそのルールに従ってくださいね。

 

 

 

飲み会と言えば、親睦を深めるために集まって飲食を共にする機会です。

 

普段、ゆっくりおしゃべりできない上司やお客様、先輩や同僚といったメンバーですね。

 

 

 

そんな時は、年少者から年長者へ、おもてなしする方からおもてなしされる方へ、目下の者から目上の者へ、女性から男性へ、とお酌をするのが一般的です。

 

 

 

お酌する際は上席や主賓から順に回りましょう。

 

ただ、他の方もいて混み合っている場合はこの限りではありません。周りの状況や雰囲気を見て判断するようにしてくださいね。

 

 

 

日本酒の場合は、お銚子の中央を利き手で持ち、反対の手を添えます。

 

お銚子の首は持ちません。

 

盃は小さいので、少しづつ注ぎましょう。

 

注ぎ終わりはお銚子をくっと回すようにすると、滴が落ちずにすみます。

 

盃が机にある場合、置いてある盃にお酒を注ぐのは「置き注ぎ」というマナー違反に。

 

盃を手にしてもらうまで待ちましょう。

 

 

 

ワインをお酌する機会は少ないかもしれませんが、ワインの場合はグラスはテーブルに置いたままでグラスに手を添えません。

 

注ぎ終わるまでは、グラスを置いたまま待ちます。

 

 

 

お酌するのがビールの場合、ラベルを上にして、ラベルが隠れないように、瓶の底部を右手で持ち、左手はラベルの反対側を支えるように持ちます。

 

勢いよくそそぐと泡ばかりになるので、静かに優しく溢れないように注意しましょう。

 

グラスの中にビールが残っている場合は、上から注ぎたすのではなく、「ビールはいかがでしょうか?」と声をかけてからにしましょう。

 

 

 

お酒を片手にお酌して回る人を見かけますが、手ぶらで回ってそのテーブルにあるお酒をお酌する方がマナー的には良いようです。

 

 

 

「京都コンパニ求人.com」から初めて接客に向かうコンパニオンさんの中に、慣れないのと緊張からお酌をする時に息が止まっている人を見かけますが、こんな時こそ笑顔で親睦を深めて下さいね。

 

 

 

お酌をすると返盃がありますが、そのようなお酌を受けた場合は飲みたくなくても口に運びましょう。

 

飲みたくなかったらなめる程度でもいいと思います。

 

 

 

 

 

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        友達に共有
        PAGE TOP ▲